八月の川根茶緑豊園

DSCF4197.jpg

8月の川根茶 緑豊園

拝啓
私どもの山間の郷では、朝は とても 涼しいのですが、
昼は、ものすごく 蒸し暑い この頃ですね。 
皆さんは、いかがお過ごしですか。?

お茶の主だった仕事も大方終わり、日差しは避け、朝のみ茶畑の回りの草取り作業などをしています。
先日 一服しようと。
柿の木の木陰で、 向かいの山々を眺めながら、ボトルのお茶で 乾いたのどを潤しながら ふと、《 町の品評会の調整した残りのお茶を、私どものお茶に 理解ある方々に 味わってもらったら 》と、 思い 冷茶で、 一煎ではありますが、茶縁喫茶において、PRを兼ねまして 、呈茶することにしました。

私ども一年間丹精しました、 今年の結果です。

山間の自然仕立ての茶樹から一芽一芽 丁寧に手で摘み採り、心を込めて、
一芽一芽、揉み上げたました。
今年 最高の品です。 湯出しでも、冷水でも、どちらでもご自由に、お味わい下さい。
これこそ、山間のお茶に込められた、甘く爽やかな、奥深いものを感じさせる
お茶では ないかと、自負いたして居ります。

国道362号線沿いの向井地ないで、塩郷のせせらぎの郷で。
是非、お立ち寄りください。

尚、ご意見など有りましたら、色々と お聞かせ下さい。
敬具


川根茶 緑豊園
静岡県榛原郡川根本町下長尾1100
小澤俊幸
小澤大樹



IMG_2710.jpg

スポンサーサイト

七月の川根茶緑豊園

DSCF4189.jpg


7月の川根茶 緑豊園

雨季のはずなのに、少しの雨しか降らずに 真夏の様な日差しの強いこの頃ですね。
最も、明日から二日位 雨の予報が出ているようですが、?
茶の樹の為には、しっかり湿って欲しいですね。
来年の樹勢や 芽揃えをよくする為、整枝作業や 中切り作業を行った後だから、しっかりした 来年の基になる葉を付けたいからですね。

今年の緑豊園のお茶は、自然仕立ての茶樹から 手摘みで採った最高級品が とても良く出来ているような気がします。
香りや味が とても良く 我々の地域独特のものが、伺われます。
涼しげな香と 甘く 爽やかな 山間の谷間からの風を思わせる様な
心地よい 雰囲気にしてくれる、そんな川根茶が出来ています。
どうぞ、私どもの開園しています 茶縁喫茶でお試しください。
《緑豊園茶園喫茶の最高級茶
ご指定呈茶に付きましては、500円頂くことに成っています。》

そうそう、お知らせが遅れましたが、今年もR362沿いの我が家の茶園のところで、
あるいは、せせらぎの郷で、川根茶 緑豊園のPRを兼ねて開園しますので、
是非
お立ち寄りください。


川根茶 緑豊園
静岡県榛原郡川根本町下長尾1100
TEL 0547-56-0894
小澤俊幸
小澤大樹



20160713230224841.jpeg

2016071323022419e.jpeg

六月の川根茶緑豊園

DSCF4183.jpg


6月の川根茶 緑豊園

大変、お待たせしました。
一茶、二茶の間は とても 管理作業が忙しく、
ここ一年、二年は、特に 役も重なり、駆け足作業に 成ってしまいます。
それでも、今年は 雨降りが少ないので、仕事もはかどって来ています。

この頃は、少し雨が欲しいくらいです。少し、身体も安めて だましだまし
使わないと、続かないから。雨でも降ったら。川根温泉でも行こうかな?、
と思っています。
皆さんも、温泉でもいかがですか?足や腰には,とても いいですよ。
そして あまり明るいとは言えない、茶業界の情報などを得に。

それでは、健康の為にも 川根茶を、大いに飲んでください。
誇れる 地域の特産物の未来の為に、あるいは 進化の為に
憩いの場の一杯のお茶は、いいものです。心がなごります。
進化したお茶も、また 健康には、いいだろうと 思います。
やっと、送れますので皆さんで、飲んでみてください。

また、ご意見も聞かせて下さい。

有難う御座います。

川根茶 緑豊園
榛原郡川根本町下長尾1100
小澤 俊幸
小澤 大樹
TEL-0547-56-0894


DSCF4187.jpg

DSCF4188.jpg

五月の川根茶緑豊園

DSCF4169.jpg


五月の川根茶 緑豊園

今日は、五月一日 今年は、うるう年なので 今日、八十八夜ですね。
立春から、八十八日目の日ですね。《八十八夜の別れ霜》などと 言われ。
私たち 茶農家にとっては、とても意義の有る日になっていますね。

昔は、茶園にも、防霜施設も無く 自然の気象状況に任せた、農作業でしたが、
近年は、茶園に、防霜設備が整っていますので、少しの 冷え込みでは、
霜害が起こりません。
とても、茶栽培も 安定します。

私たちの、川根本町の山間地では、茶の摘採は、4月29日より始まって、順調に、ハサミや 手摘みが、 行われて居ります。
茶の樹に害の有る様な寒さが無く、根も幹も葉も、苦味を発する要素が有りません。

なので、今年の茶葉は製造加工を していますと、とても香りが良く、甘味 旨みも増しています。《山間の香織を乗せた、甘く爽やかな川根茶》
降水量も、とても 順調だったので歩留まりは悪いけど、まろやかで、喉越しの良い 旨みのある 物に成っています。
お茶の製造中でも、香りが《プン プン》し、とても 茶揉が、揉み概のある 
雰囲気にさせられます。これが川根茶と、とても 張り切らざるを 得ません。

販売先の方々でからも、とても良い評価が伺われます。
私共は、誇りに思い、頑張って来た甲斐があったと 胸を張り、弾んで 居ります。
もう、少しで 皆さんに、お届けできます。
お待ち下さい。
《山間の香織を 乗せた 甘く爽やかな、川根茶を》
 

川根茶緑豊園
                       小澤俊幸
                       小澤大樹


DSCF4167.jpg

DSCF4177.jpg

四月の川根茶緑豊園

DSCF4165.jpg

四月の川根茶緑豊園

桜もあちらこちらで、とても綺麗に咲き誇り 大井川沿いや川根の山間を、
彩っています。

今年のお茶は、昨年とほぼ同じ状況で推移しているようです。
でも、植物ですから これからの、気象状況で前後するかも知れませんね。
茶況は、厳しい中ではあると思いますが、生産されるお茶は、
《山間の香りを大いに、含んだ 甘く爽やかな川根茶》
であって欲しいと春の手入れは、しっかりと抜かりなくやってきました。
今年は、特に微量要素を考慮しながら、液肥等やってみました。

突然ですが、近年、政策もTPPや、広大な農地、大量生産、グロウバル化の進む、日本農業、とても失う物が多いような気がするけど、いかがなモンだろう?
《品質や地域の特性、家族愛やおもてなし精神は?》

もう、一ヶ月後には、一茶も 始まるだろうけど、何は、ともあれ おいしいお茶が、採れてくれれば、私自身が納得できるから それだけを 願いながら茶畑を 見て回っています。
茶芽を覆っている抱葉が茶色から黄緑に変化してきています、もう少しですね。
とても 丸っこい、力のありそうな茶芽に成りそうです。
山間のお茶、もうしばらく お待ち下さい。



川根茶 緑豊園
榛原郡川根本町下長尾1100
TEL-0547-56-0894

小澤 俊幸
小澤 大樹


DSCF4163.jpg

IMG_1822.jpg
検索フォーム
プロフィール

緑豊園

Author:緑豊園
静岡県川根本町でお茶農家をしております。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
緑豊園の写真
RSSリンクの表示